mercari

【初心者向け】送料で思わず損しちゃうパターン(パート2)

投稿日:2020年5月8日 更新日:

今回は思わずやってしまいがちな送料などで失敗するもう一つのパターンを解説します。

はじめに結論ですが、
“厚さ3cmを超える商品を安く値付けする時は注意”
しましょう。

前回と同じで、メルカリでの最低販売価格300円に近ければ近いほど注意した方がいいです。
しきい値の目安としては、1,000円を下回るあたりから注意した方がいいと思います。

一例ですが、商品としては下の絵にあるようなものですね。


どれも特徴として、3cmを超える事が多いものばかりです。

タンブラーでいえば、500mlくらいのものでだいたい高さ20cm前後、飲み口の直径8cm前後、重さ200~300gくらいはあります。
これをメルカリガイド(配送について)で紹介されている配送方法の中で見ると、価格の安い順に、

第1位(最安):(250g以内であれば)定形外(規格外) 350円 / (250gを超えていれば)定形外(規格外) 510円
第2位:宅急便(らくらくメルカリ便) 700円、ゆうパック(ゆうゆうメルカリ便) 700円
第3位:宅急便 クロネコヤマト、ゆうパック ※料金は送り先住所による
※レターパックプラス(520円)は専用封筒に入りさえすれば厚さ制限はないのですが、この大きさはちょっと入りません。。
となります。

いかがでしょう?

配送料金は中に入っているものの価値に関係なく(たとえ安価な商品でも)、厚さがあるものは料金が高くなる傾向があります。
なので、前回同様、商品の市場価値を考えると同時に、売れた時の諸経費を想定した値付けをする事が大切になります。

3cm以下の物と比べると配送方法の種類も少ないので、気をつけたいところです(^^)

-mercari
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

中箱・中敷きを自作しちゃう

メルカリとかのフリマで商品を送る際、「時には商品を固定する中箱・中敷きを自作しちゃう」事をオススメします。“良い”評価をもらえるだけの見た目を維持しつつ、梱包材で悩む時間と買う …

メッセージの雛形活用でスピードアップ

既にやっている方も多いと思いますが、今回はメッセージの雛形活用についてのお話です。メルカリに出品した物が毎日または頻繁に売れてくると、それまで気にならなかった出品~発送の作業が負担になってくる事があり …

【初心者向け】売れた時にかかるお金・残るお金(パート2)

前回は1つ売れるとどのくらいのお金が残るのかを説明しました。今回は事前に知っておいた方がいい、売る物によって残るお金が違う事についての補足的なお話です。「え?、そんなの当たり前じゃない?」と思う方もい …

封筒を自作しちゃう2つの方法

メルカリとかのフリマで商品を送る際に、「あ、そういえば封筒切らしてたっ!」なんて事、時々ありますよネ。そんな時はわざわざ買いに行くのも手間なので、封筒を作っちゃいましょう。意外とある程度の見た目を維持 …

【初心者向け】売れた時にかかるお金・残るお金(パート1)

はじめてメルカリをやってみる方は、「売れたらいくら残るのかな?」って必ず考えますよネ。という訳で今回は価格構成を即答です。商品が売れた時にかかるお金と残るお金は下の図の通りです。 ※手数料の10%は売 …